カイロプラクティック

 カイロプラクティックは、世界70カ国で普及している医療で、世界保健機関(WHO)に認められています。

 

 日本の場合は整体師と混同されますが、世界の先進国では「医師と同等の診断権」を持ち、カイロプラクティックの信頼性はとても高いのです。

 カイロプラクターは神経生理学の専門家であり、神経機能が全ての中心であると考え、その機能を回復及び活性化するのが仕事です。

 

 神経機能が正常に戻れば身体の自然治癒活動が活発になるという考え方。

 

 発祥は今から約110年前で、アメリカのダニエルデイビットパーマー(以下からD.D.パーマー)という磁気療法家が世に紹介しました。

 

 今では、世界各国で公的に認可された治療方法です。

オステオパシー

オステオパシー

 1874年に、アメリカの医師A・T・スティルによって発表されたものです。

 

 現在は大きく分けて「頭蓋」「内臓」「筋骨格」にフォーカスしテクニック分けされていますが、当時のスティル氏は全く分野別はしていませんでした。

 カイロプラクティックと同じく手技療法ですが、オステオパシーはプロトコル化しないところが一番違うところでしょうか。

 当時A・T・スティル氏が自分の手法に関して教えなかったという話が残っています。その理由は、「自分のやり方に染まって欲しくなかった」ということですが、それが逆に一般人にはわかりずらいものとなってしまった部分もあります。