ハリーファイファー

 ハリーファイファー氏によって考案されたテクニックであり、マグネットを使って身体の異常部位を探し出し、その部位に修正を加えます。

 磁気が人体に与える影響は、医学的または科学的にも立証されており、外部からの磁気の影響により「電解質解離」が発生し、身体が一時的に均衡状態を失うことを利用したものです。

 最近だと、地震の前兆で、地球のプレートのズレによって、微弱な磁気が発生し、海に住む魚やイルカの群れがそれを感知して異常行動に出る事でも有名です。

 正常部位では、マグネットを当ててもすぐさま外部磁気に適応し、身体反応はしないが、異常部位に当てると体はバランスを崩し、結果的に足の長さや手の長さ、背骨が歪曲状態に陥ります。

 日本の整体でも、三軸修正法で「地磁気」を重要視するものがあり、地球上の生物は皆、自然磁気によって体の循環が保たれています。