本当は重たい言葉の流行り

今日はコンビニで聞いた、外国人男性と日本人女性の会話が耳に残って離れません。

 

ぱっと見た感じで双方30代半ば。

 

商品を選んでいる最中に、会話をしていた声が聞こえて来ました。

 

日本人女性「あの人さぁ~カレー嫌いジャン(ゆっくりとジァン(JANではなくJEAN))」と。

 

いや、そこ英語じゃないけどね・・・と思って聞いていた。

 

すると、

 

外国人男性「え!マジか~、それマジか~、パネエな!」と英語風に。

 

 

続きはこちら→

違和感

今日は久しぶりに雨降りの一日でしたね。

 

気温が高いからまだ良いものの、コレで気温が低ければ雪でしょう。

 

都心はここから約一ヶ月は「雪リスク月間」でしょうか。

 

さて、今日はたまたま何個か違和感を感じたことがまとまってありました。

 

まず一つ目は、朝の通勤時に感じた事ですが、電車を降りると一気にエスカレーターに向かいますよね?あの時自然と二列に集約されます。

 

暗黙の了解ですが、日本の東側だと右が追い越しレーンで、左が立ち乗りレーンという恰好。

 

しかし最初から二列にはなりません。

→続きはこちら

 

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

 

今年も宜しお願い申し上げます。

 

戌年に限らず、昨年お世話になりました黒猫です。

 

やんちゃぶりが激しくて、あれ程までにおとなしかった時代が懐かしいです。

 

→つづきはこちら

考えると難しい

「趣味ってなんですか?」と伺うと、殆どの方は一瞬悩んでから答えますね。

 

一方で面白いことに、海外生活が長かった方や外国人は、その点一瞬でハッキリとお答頂けます。

 

この差は何なのか?

 

どうも日本人の場合、趣味を言うのに世間体というか、恥ずかしさが伴うご様子。

 

私的にそこの部分が諸外国との差なのかな?と思います。

 

→続きはこちらから

表参道イルミネーション

ま、毎年恒例ですね。表参道のイルミネーション。

 

近年は人並みもまばらです。

 

これが始まると今年はあっという間なんですよね。

 

っで、「綺麗~」と仰っている方々には大変に申し訳ないのですが、個人的には樹木にここまでしなくても・・・と。

 

→続きはこちら

ペンは武器になる

基本的に私は面倒な性格なんだと思いますし、それについては少しは自覚をしているつもりです。

 

そもそも若い時なんかは、オジサンやオバサンの主張なんて、どれもこれも細かくてどうでもいい内容だと思っていましたし。

 

しかし、私もそろそろ口煩いオジサンなのか、ここのところ我慢の限界って思う事があります。

 

それは、マスコミの活字の使いかた。

→続きはこちらに

優越感

なんだか東京の小池都知事が主導した希望の党とやらの支持率が、よく分からない世論調査で、軒並み5%以下の低支持率に収まったのだとか?

これを受けて、都政の停滞が囁かれています。

ま、数字はどうでもいいとは思うのですが、都政と政党って同一に見るものなんですかね?

だとして、もしも小池都知事がダメだと言うのなら、選んだ東京都民というのは、もっとダメだし何かアレですよね・・・。

続きはこちら→

 

 

動作感覚

 世の中はボタン一つでかんたん操作。

 

確かに便利なんですが、これが結構な欠点になることもありませんか?

 

例えば、電子式のボタンとか、車のタッチロック。

 

 

動作が同じ、しかも押した感触も同じで、ONしたのかOFFしたのか気になってしまって、もう一回ONとOFFを繰り返してしまったりするときも。

→詳しくはこちら

時刻の乱れ

Iphoneアプリの時計おかしくなる件について、結構頻発していましたが、ここのところアップデートをしたせいか遅刻はしません。

 ただ、今度は何やら勝手に再起動を繰り返す症状が報告され、またアップデート?これが仕事での事になると、結構症状は深刻ですよね。

  電話がつながらないで、獲得できた仕事が他社に依頼されてしまうことも稀にあるかも知れません。

 

デジタルの世界って本当に難しい。  詳しくはこちら→

良し悪し

相変わらずマスコミは毎日お相撲さん。

おかしいですね。

隣国からミサイルが飛んで来て、アメリカ側が科した条件不履行であれば「(軍事)行動する」という文言まで出て来ています。

おかしいというよりか、意図的にと言った方が正しいのかも知れませんが。

マスコミ報道の目線逸らしは、トランプ大統領が帰ってから顕著になりました。    続きはこちら→