四十肩・五十肩

 四十肩・五十肩とは通称の呼び名で、肩関節で炎症が起こる「肩関節周囲炎」というのがそれにあたります。

 

 肩関節が接している部分は極限られており、腕と肩甲骨の骨とがの間に、関節を滑らかに動かせるように、滑液包という袋がります。そこに炎症を起こし、動作痛を伴うのが一般的な四十肩・五十肩です。

 

 他にも、石灰が形成されて痛みを感じるものや、腱に炎症が起こるものまで様々です。