生理痛・不妊症について

 厚生労働省の調べによると、生理時に 腹痛67%、腰痛46%、倦怠感36% の割合で症状を感じているとされています。他にも下痢や頭痛などもよく聞かれる症状です。

 

 頭痛の所でもご紹介しましたが、これらの不快な症状は、ホルモンが原因です。中でもプロスタグランジンは、子宮内膜を収縮させて、古くなった内膜と血液を子宮の外に出そうとしますが、上手く子宮外に排出されずに中に滞ってしまうと、67%の方が感じている腹痛を引き起こします。また、腰部の神経は、自律神経経由で子宮と連絡していることから、46%の方が感じている腰痛を発症することとなります。