骨盤矯正?

 骨盤は、男女の差が最も出やすい形状をした骨といっても過言ではありません。男性の骨盤は縦長にシャープで、女性の骨盤は横広で丸みを持っています。これらの形状差は、女性が妊娠をして胎児が育ち、出産の際の産道を確保するために適したものです。稀に出産に支障をきたすほど骨盤が狭い「狭骨盤」の女性もおられるようですが、出産時にはホルモンの作用により、骨盤や周囲の靱帯が緩むため、殆どの場合は通常分娩が可能なようです。この事からも、骨盤は関節を有し、動ける幅があるということです。

 

 「骨盤矯正」という言葉をよく耳にしますが、そもそも骨盤矯正というのはどういったものを指すのでしょうか?

まずは、骨盤について知る必要があります。 

 

 骨盤は、まるで一つの骨で構成されているような呼ばれ方をしますが、実は大別すると、写真にあるように、「腸骨」「仙骨」という骨に分かれています(厳密には尾骨も入る)。腸骨は両翼で左右2個。仙骨は真ん中に位置する逆三角形状で1個あります。

 そしてさらに細かく分類すると、腸骨は幼児期まで「腸骨」「座骨」「恥骨」3つに分割されていました。この3つが股関節を形成する窪みを中心に結合されています。そして仙骨も同じく幼児期にはバラバラで、背骨と同様の形状を呈しています。その証拠に、大人で一体の骨となっても、仙骨には椎間板の痕跡が残って見えます。

 

 元々離れていたものが一体となったということは、成長過程で結合されたということです。幼少期の重力配分や成長状態、クセに適応させるため、この腸骨・坐骨・恥骨が左右均等な形に結合していないこともあります。つまり、骨そのものの左右差に関しては、幼少期の生活が大きな因子となっているということです。

 

 ここでいう骨盤矯正というのは「見た目の美しい形」という意味合いではなくて「関節の本来持つ動きの回復と均衡性」のことを指しています。どうしても世間では、美容と骨盤矯正をセットにする方もいるものですから、見た目の形に着目されがちです。

 

 トップページでもご紹介させて頂きましたが、各部の神経機能に異常が生じると、関節はズレて、固定化されてしまいます(緩み過ぎると痛みが出る場合もある)。つまり、骨盤がズレて歪んでいるということは、骨格のみならず、骨盤内部に格納されている臓器の神経機能にも、何かしらの異常があるということです。形や見た目の事よりも、まずは内臓機能を整える基準で、骨盤矯正を行うべきかと思います。

 

 特に、既にお気づきになられた方もおられると思いますが、骨盤の大部分を占める「腸骨」は、腸の骨と書きます。これは、腸の機能と密接につながりを持っている証拠であり、便秘や消化機能の異常は、腸骨が正しい位置にない可能性があります。

骨盤内部の臓器

 では、骨盤の内部にはどのような臓器が収納されているのかをご紹介します。左の画像は女性の骨盤内の臓器を真横から見た状態を表しています。

 

 例えば、食べ過ぎてお腹がいっぱいなった時、腹部がポッコリすることがります。つまり、一般的な「お腹」は外部に膨らむ逃げ場があります。一方で、骨盤に囲まれた臓器は、骨盤という骨に囲まれているため、逃げ場が少ない空間です。つまり、骨盤の歪みそのものは、内部の臓器の歪みや、過度な圧迫となります。それがすぐに病気などの問題に発展することはありませんが、全体性の中で血流が悪くなって、膀胱や子宮、卵巣、直腸の機能に影響を及ぼすことがあります。生理痛なども骨盤の歪みが原因になることもよくあることです。また、骨盤の真ん中の仙骨が捻じれたり、傾いたりすると、尾骨もズレてしまい、前方にある肛門や直腸の方にも空隙の左右差を形成してしまいます。この事から「痔」などのトラブルは、仙骨や尾骨に着目しています。