· 

行き過ぎると

 

「やっぱり日本は気が楽だ」と、海外から戻られた方が仰っていました。

ご飯は平均的に美味しいし、水もタダで出てくるし、街を歩いていて周囲にバリアを張らないで済むとの事。

ただ、私は最近の日本は特にサービスが行き過ぎていて、逆に迷惑になっている事が多々あると思います。

例えば、駅の案内標示で、日本語に英語、中国語までずらりと。

まぁ、書いてあるだけなので、自分が嫌なら見なければ良いだけのこと。

しかし、新幹線のホームの案内は邪魔くさい。アナウンスで日本語、英語、中国語とだらだらとまぁ良くしゃべる。

ここまではまだ許す。

しかし、新幹線に乗って、くつろいで寝ようかとしている時に車内アナウンスが。何をアナウンスし始めるのかと思ったら、「お座席のお間違えは、お客様同士のトラブルのもとになります。今一度お確かめのうえ・・・」なんて、言われただけで気が付ける人って、そもそも間違えていないよね?個々の問題です。

ようやくおとなしくなってさて寝ようかと思ったら、今度は「車輌が傾きますので御注意下さい。特にキャスター付きのお手荷物などは動いて大変危険です。手で押さえるなどして固定してください。」と。

何だか想像力が無い人に向かって話されているようです。

この間も、ホテルの朝食で座席まで係員の方に案内をされたと思ったら、いきなり英語で話しをし始めました。

中国人あたりに思われたのかな?

だとしても失礼ですよね?

だって、日本語は無理だけど英語なら分かるだろうという、超上から目線のサービス。

逆に、日本語を勉強されて日本に旅行に来られた方には失礼です。

知識の低い人目線のサービスって、これはサービスなんでしょうかね?

本来のサービスというのは、望む量に見合っているものをいうと思うのは私だけでしょうか?