· 

やりたかった仕事?

 

この間、お酒を飲みに行ったときに、もしも人生をやり直せるとして、やりたかった仕事は何か?という話になった。
まぁよくある酔っ払いの意味もないけど楽しい話し。
私はなんだろうなぁ〜と考えて、ぱっと思い浮かんだのは4つ。頭が悪すぎるので無理だけど、裁判官、トレーダー、ERドクター、検死解剖医。
現職の方にお話を伺っても、大変なのは承知の上ですが、給与とか、見栄とか、社会的地位は関係なく、人生かけても良いかな?と思えるもの。
なぜそう思うのかは分からない。
ただ、その時その場面で、一期一会の仕事が生きている感じがするので。
まぁ無い物ねだりみたいなものなので、学力がない私には、スタートラインにすら立てないだろうが。
やっぱり仕事って、カネじゃない部分が大きくないと、アホなくらい追求ができないように思う。
解剖も初めてやったのが24歳。あれから何体やったかすら正確に覚えていないが、あの時はご遺体を切らせて下さるのなら、寝ないでやっても楽しかったと思うし、寝ても覚めても目の前に検体がある状況に自分が浸りたくなっていた。
レオナルド・ダヴィンチも、アトリエで解剖をやっていたようだが、多分同時期に同じ場所に生きていたら、ダヴィンチの思考は大好きだったと思う。
好き過ぎて、毎日嫌がられてもアトリエに行きたかったんじゃないかな?と。