· 

自分で変換させる

 

最近はインターネットの普及により、情報を手軽に入手できるようになりました。

 

何でも検索すればわかりますので、その情報をもとに真似ればいい。

 

それそのものは否定しているのではなく、むしろ肯定的。

 

しかし、検索したままの文章だったり、そのままの知識だと「アナタ」ではなくて、もはや「機械」で十分です。

 

それこそ、iPhoneのSiriの精度が上がればそれでいい。

 

じゃあ自分である理由というのはなんなのか。

 

極めて簡単。

 

自分の生れてから今までの経験と掛け算し、それを答えとして合成できているかどうか。

 

要するに、誰がなんと言っても、情報をそのまま受け入れないということ。

 

その過程で、全く人と違う意見になってもよい。

 

むしろ、厳密には人と同じになることの方が皆無。

 

人生は当然嫌な経験も良かった経験もあるでしょう。

 

親や兄弟、姉妹、知人友人、学校の先生や身近にいる人の影響は受ける。

 

そしてただ一つ、親だけはあなたと私では絶対に違う。

 

だからこそ、親が自分に与える影響は大きいし、自分の人生の全ての分母のひとつとなり得る。

 

あなたと誰かとでは、分母が違う。

 

違うからこそ、自分の分母を信じて合成する事に自信を持つべし。

 

それが自分。

 

ありもしない事を付け加えて、自分をかさ上げする必要もない。