· 

意外と念願でした

 

念願の草津白根山のお釜です。

 

この間行って着ました。

 

5年位は行けなかったんじゃないかな?ここのところ、火山活動のレベルが一つ下がったので行けるようになりました。

 

私は初めてでした。

 

確かに、活火山の噴火口ですからね。

 

 

駐車場の係員の方に「標高が高いのでゆっくり登ってください」と言われました。

 

2000m超えの山ですからね。

 

1年位前、夜中にこの近くの志賀高原へ、星空の写真を撮りに来たことがありましたが、急カーブをタイヤを鳴らしながら高度を上げたら、頭が痛くなったことがありました。

 

体調によっては馬鹿にできない高さです。

 

名前は「草津白根山」と呼ばれていますが、私は草津と反対に少し下ったところにある「万座(群馬県嬬恋村)」のイメージがあるんです。

 

その理由は、このお釜の青っぽい乳白。

 

この色は万座の温泉色です。

 

個人的に万座は最強温泉の一つ。

 

ちなみに草津は緑色が強い透明なお湯になりますが、私にはちょっと草津の温泉は合わないことがあるんです。

 

いつもではないのですが、顔が少し痒くなったり、オシッコの出口が痛くなったりします。

 

地元の男性に聞いてみたら「先生、なんか変な遊びしてるんじゃないの?」って言われました。

 

失礼な!

 

ってことで、身近には同じ症状の方はおられませんが、肌に合わないという人はたまに耳にします。

 

作用のないものに反作用もないってところでしょうかね。

 

余談でした。