· 

首を傾げる

 

これ、良い本です。

 

但し、約600ページ文字詰めですので、それなりに覚悟を決めて読まなくてはなりません。

 

コロンビア大学の精神分析医によって書かれています。

 

私もまだ全部読めておりません。

 

 

一言で言って、脳の習性を学ぶ本。

 

これまで自分で研究していることがあれば、きっと新しい道が開拓できることでしょう。

 

 

帯の内側にこのように書かれていますが、私は個人的にこれには違和感を感じました。

 

細かいかな?

 

翻訳の問題かもしれませんし、キャッチフレーズで購入者を増やそうという意図なのかもしれませんが、この本の内容で「回復」という言葉を使う意味が分かりません。

 

脳の本能的な働きであって、脳にとっては回復というモードや区画分けなどはありません。

 

つまり、失ったのもではなく、既に兼ね備えているもの。

 

例えれば、英語圏の人に「英語が再び聞き取れるようになる」と言っているのと同じように思えてしまう。

 

要するに、「過去(失った)に戻った(回復)」というのではなく「過去よりも、今よりも、未来は過去の元よりももっと良くなっている」という方がよろしいのではないか?という提案。

 

 

それにしても、この本は分厚い。

 

電子化が大嫌いな私には、過去から収集した書籍の置き場所に困ってしまう。

 

理想は、下のような物件を一つ欲しいくらいだ。何が面倒かと言ったら、本を探したリ、掘り出したりする苦労。

 

 

たまに本箱をひっくり返すと「お~、こんな本買ってた。」と思い出すことすらある。

 

昭和30年代のプレミアもののやつから、原版が明治、大正のものまで。

 

例えば「念写」とか「観念運動」「心霊療術」など、かなり真面目に研究された日記の内容なども。

 

っで、何でこんな昔の事を書いたのかというと、今回ご紹介した書籍の内容の原点、つまり、「昔の人は既にやっていた」という点。

 

いつの時代にも、優れた人は一定数いたということでしょうか?