· 

迫害

 

はい、今日もどうせ嫌われ者のチョコミントです。

 

個人的には「ミントはスイーツ界のワサビ!」という位置づけにします。

 

 

っで、本題の迫害は、ミント好きが迫害を受けているという意味ではありません。

 

 

今日の内容は黒猫について。

 

正直、黒猫についてはあまり調べた事が無かったのですが、今日初めて色々と見てみました。

 

 

ウィキぺディアによれば

 

欧米では、かつては不吉の象徴とする迷信があり、魔女狩り等によって黒猫が殺されることがあった。たとえばベルギー・ウェスト=フランデレン州の町イーペルでは「猫の水曜日」に時計台から黒猫を投げ殺す行事を19世紀初頭まで行なっていたという。その傾向は現在も続いており、特にイタリアで顕著だという。イタリアでは、黒猫というだけで年間6万匹もの猫が迷信を信じる市民によって殺害されており、動物愛護団体が署名を募るなどしている。

 

とある。

 

何てせつない。。

 

毛の色で差別するって、ちょっと先進国としては恥ずかしいと思いませんか?

 

これを読んでいたら、「水曜日のネコ」というビールを思い出しました。

 

命名者は「猫の水曜日」と関連性を持たせたのかしら?もしくは深読みして抗議の意味合い??

 

 

ちなみにこちらの黒猫は、お陰様で差別されることなく順調です。

 

 

仮名を付けようか迷っていますが、一時的に魔女の宅急便の「ジジ」にでもしておこうかと・・・。

 

でも、爺臭いのもね~。意外と早口で言うと「ジ~」に聞こえちゃうし、ましてや「ちゃん」を付けたら、聞こえ方によっては「ジ~ちゃん」ですからね。

 

これはダメだ。

 

ミントちゃんて名前は、ミント嫌いから迫害を受けそうなので、黒&ミントのWは可哀相かと。

 

あ、足の白い部分についてよく聞かれることがありますが、右前足の部分は注射用に毛を剃っています。もちろんお尻もですが、胴体の左側にも剃られた痕が。

 

何やら最近は、経皮のパッチ薬があるようですので、その為のハゲみたいです。

 

病気ではありませんのでご心配なく。

 

ちょっと可哀相な気がしますが、これは仕方がないですね。