· 

オートマのP

 

なんか、この間はオートマ車のニュートラルの必要性を述べ、今度はオートマ車にはPがあるのに、フットブレーキ(サイドブレーキ)がある理由を述べている記事がありました。
 
どれどれと読んでみると、Pのギヤロックだけだと不十分だから、サイドブレーキを使うという。
 
私は車はあまり詳しくないけど、サイドブレーキの必要性はかなり高いですよね?
 
書かれていませんでしたが、ペダルブレーキは油圧です。峠などでブレーキペダルをだらだら踏み続けると、発熱量が冷却量を上回り、ブレーキフルードが沸騰、気泡の発生によってブレーキが利かなくなるフェード現象というのがありますよね?
 
オートマ車は特にエンジンブレーキが弱いので、急にブレーキが利かなくなった時の減速手段がサイドブレーキ。
 
最近は、手ではなく、足で踏むタイプが多いのでフットブレーキというようですが、あれは使い勝手が悪すぎます。
 
手だとボタンを押したまま、ちょこんちょこんと利かせることができますが、フット式だと踏み込みきらないと解除されません。
 
ま、そうそうある事ではないでしょうが、非常用ブレーキとしては、駐車する事以上にとても大事なものだと思いますが、なんか凄く狭い視野の記事だったもので。
 
ちなみに、もうひとつ物言いをさせて頂くと、寒冷地は駐車時はサイドブレーキはダメですけどね。
 
Pの他にもサイドブレーキを使いなさいというだけでは、全く正しくはないのでは?と。