· 

解釈の自由性

 

ホント大変な仕事だと思います。これを仕上げる弁理士さん。

 

内容は約50ページあります。

 

更にそれを審査する方々(特許庁職員さん)も、一体どんな頭の中なの?って思うくらいの読解力。

 

読み書きが苦手な私にはできない仕事だと思いますね。というか、やりたくない。

 

ただ、今回こういった文章と触れてみて、一つだけ理解ができたのは「文章一つとっても人それぞれの解釈のしかたがある」ということ。

 

とくに特許は独占する権利内容ですから、それこそ憲法のように大枠ではダメなわけです。

権利訴訟で賠償が発生しますから。それをどうやって文章表現で無くしてゆくか。

 

本当にご苦労な仕事だと思います。

 

っで、肝心な吉報は全くいつになるのか不明なんですよね。

 

これがまた早くて半年、遅くて10年なんて例もあるみたいですし・・・。

 

果報は寝て待てってやつですか。