· 

信念と妥協

 

ひとつの方向性から物事を眺め、真剣に取り組んでいると、欠点として自分の見方が偏っているという弊害をもたらします。

 

それは当たり前の事ですが、もしも余裕があったなら、一旦そこから離れて眺めてみるのも大切です。

 

近くと遠くでは、当たり前ですが見え方が違います。

 

まず、分からないというのなら、そこの分野を一旦手放し、日常の極ありふれた事象から「分からないこと」を分析してみると、意外なヒントを貰えたりもします。

 

私は特にそんなやり方で生きています。

 

近くで見れば分野は全く違っても、遠くで見れば細かい差は殆ど見えません。

 

私の性格がテキトーだからかも知れませんが、おおよそ悩み事というものは、真剣に考えているからこそ近過ぎているのかも知れませんよ。

 

ちなみに私は「パニック障害」なるものに身体を占拠されていたことがありますが、これが発症する時はいつも、1つの事に入り込んでいる時です。

 

ま、最近もこういう気候ですから、「あ、ダメかも!」って不安になる時もありますが、今のところ寸前で回避はしていますけどね。

 

何事も、行き過ぎても行かなさ過ぎても深いところまで考えられない。

 

比較的パニック障害は女性に多いということですが、当オフィスにもたまに男性のパニック持ちがいらしますね。

 

男性は特に、ある意味プロフェッショナルなのですが、一方でいっちゃってる追求心を持たれている方。

 

性分なんでしょうけど、お互い不便な精神を持ち合わせてしまいましたよね。

 

その性分があるが故に、評価されている部分もあると信じていますが。

 

ま、上手く付き合って行きましょう。