· 

何か変わりありますか?

 

先日のインシュレーターを入れていない状態と、入れた様態で動画を撮ってみました。

 

まぁ予想通りといいますか、インシュレーターの有無では・・・動画からはあまり変化は感じられませんでした。

 

ま、そもそも音量を大きくすればするほど差が出るも。それに、ビデオ側のデーターキャパが決まっていますので、微妙な響きまでは録音ができません。

 

 

二番目のドヴォルザークは1957年(ロンドン交響楽団)の収録ですから、音源が可哀相なんです。

 

 

実際の耳では双方の差はどうなんだと聞かれれば、気持ち違うかな?というくらいです。

 

ま、最初からこのスピーカー自体、振動を計算して少し浮かして作られていますので、そこで大半の振動は防げているのかもしれません。

 

ただ、一番大事なのは「気持ち」の部分かとも思います。

 

何しろ聞く本人が良く聞こえればそれが良い音。

 

そこが結構大事なんですよね。人間の脳って。

 

身体の自然治癒のスピードも、例え偽薬とて効果がある理由は、このインシュレーターで習うことができます。大きな差の人もいれば、小さな差、何も変わらないという人もいる。

 

 

話は変わって、またまた関係がないのですが、先日の続きにもなりますかね?

 

今日の夜のニュースをテレビで見ていたら、トランプ大統領ネタで一色でした。

 

そこで気になったのが、天下の主要テレビ局が実況中継で「・・・また、警護には私服の女性警備の方も配備されている様子です」と。

 

何ですかこれ?「また」と特別追記するの。

 

人権派の皆さん、これって差別じゃないんですかね?

 

女性が警備をしているのが珍しいことなんです?それとも女性が活躍しているということを言いたいの?

 

ん~、じゃあ男性は活躍するのはどうでもいいけど、女性は素晴らしい!ってこと?

 

仕事の評価こそ平等であるべきだと思いますが、これって立派な差別ですよね。他に頑張っておられる男性SPに失礼極まりないと思いますが。

 

男も女も与えられた職務を全うする為に、真剣に頑張っているんじゃないでしょうかね?

 

私的には女性のSPってもはや全く違和感はありませんし「え、なに、女性がそこに居たら何か特別感あるの?」とすら思います。

 

ま、某民放さんのスタンスということでしょう。

 

トランプの差別主義がケシカラン!とあれだけ騒いでみた結果、自分らもねって感じですが。

 

なんなら、「・・・また、今日は黒人のSPの方が配備されています」とでも言ってみたら?そっちはきっとアウトだと思うけどね。

 

・・・・あ、また言い過ぎました。

 

さて明日は早い。さっさと寝よう。