· 

怖い


 

EUROPEAN JAZZ TRIO CLASSICS

 

その名の通り、クラシックとJAZZをミックスしたような感じのテイストです。

 

ま、クラシックを知らない人でも聞きやすい感じはありますね。

 

個人的に、スピーカーのコーンが動いてくれる曲調のものが多く、たまにこのCDでスピーカーを運動させてあげます。

 

 

年末ということもあって、今年の総決済として、一番思い出す事は?と聞かれ、一体いつから今年なのか?全く区別がつかなくなっている自分の記憶に驚きました。

 

なんかイマイチ思い出せることがないんですよね。

 

では「今までに診た人で一番インパクトのある方は?」と聞かれて、一瞬で思い出したのが、全身シャネルを纏った外国人女性が「顎が外れた」といきなりいらしたことですかね?ブラ~んと。

 

そもそもよく分からない言語に加え、顎が外れてモゴモゴなんて、民族歌謡に近い叫びにしか聞こえません。

 

扉を開けて入ってきたときの「ブラ~ん顔」が今でもエクソシストです。

 

それを治してくれっていうのですからね。

 

医師や柔道整復師ではありませんが、触った感じや痛みの感じだと、大きな骨折はしていない様子(確定診断は画像を用いないとダメ)。

 

ま、何せこの女性、顎か外れた状態だと、見た目も本気で怖いし、見て見ぬふりしてさっさと顎を嵌め込みました。

 

当人いわく、顎が外れたのは初めてだとのこと。

 

慣れると結構簡単なんですよね、顎関節の脱臼を戻すのは(日本の法律では医師又は柔道整復師しか扱えません)。

 

時間が掛かるとしたら、当人の顎が外れているため、良く分からない謎の言葉で訴えてくることでしょうか?

 

ちょっと強盗レベルですよね?見た目では。

 

顎くらい手で押さえてくればいいのに、まさに「ブラ~ん」のままです。

 

いや~見た目のインパクトは断トツでしたよ。

 

 あれは。