· 

桜満開

 

やっぱり桜見とくかな?

と思い立ち、今朝は5時起きで高崎方面へ。

 

*衝動的だったので、肝心なカメラのレンズが手薄でした。その都合上縦撮りばかりになっています。

普通に車で走行していても、道路脇から山まで沢山ありますね。しかも満開。

これは期待ができる。

一度行きたかったが、いつも新幹線の車窓から見えていた、ドデカイ白色の物体。そう高崎観音。

駐車場からすぐかと思っていたら、10分くらいテクテクと。

参道に出店がありますが、焼き団子を売っているおばあさんが「美味しいよ!」なんて言っているのに、陳列されたガラスケースにはクマバチがブンブン飛んでるし。

お、美味しいかもしれないけど・・・ね。

 

 

流行ってるの?私にはさっぱりわからんけど。

 

 

この銅像、ちょっと首を傾げてしまったんですよね。

 

腰に布らしきものを巻いているのですが、前に回ってみたらはみ出てる。

 

さて何の為の布?

 

 

っで、桜はしっかり満開で見ることが出来たのですが、少し慌てて観音様から戻ります。

その理由は、高崎観音へ来る途中に、前々からとても気になっていた「山田かまち」の美術館があったんです。

 

 

高崎出身で高崎に美術館がある事は知っていたのですが、場所を調べていませんでした。

そしたらなんと、高崎観音のすぐ手前の道路脇にあるじゃないですか!

山田かまち美術館が!

これは行くしかない。

という事で急遽目的の何割かは山田かまち美術館に変更。

ご存知?

山田かまちは17才で人生を終えていますが、その死因がまさかのエレキギター感電死。私とは人生の時間軸では被っていません。

哲学性と芸術性と若さのエネルギーを残した作品。

この歳でここまで行き着くものかね?

この歳でここまで正直に自分の内側の声を表現出来るものかね?

自分がこの歳の時は、何も考えずに口をポカンとただ開けて生きていたと思うけどな。


ま、スピリットは肉体年齢にあらずといったところか。

 

 

山田かまちの詩のひとつ

 

音楽はかたるものじゃない。音楽することだ。

スポーツは語るものじゃない。スポーツするものだ

絵は語るものじゃない。絵するものだ。

勉強は語るものじゃない。勉強するものだ。

物事は語るための材料じゃない。夢中になるものだ。

何も語るな。言葉なんていんちきだ。

詩なんか書くな。字をかくな。

わくを作らないでくれ!

 

だとさ。

 

 

その後は甘楽町。城下町ですから桜は勿論あります。