· 

新緑

なんだかいつの間にか新緑ですね。

 

ホントに季節の移り変わりの速度が早くて。。

 

 

先日はいつものかたと病気についての話になりました。

 

人は何故「病に侵される」というのか?と。

 

私の職業ガラ、日々体の調子の悪い方々を間近にしています。

 

そういった人が、どれだけ努力をしても変えられなかった習性を、病になることにより、趣味や生活習慣、思想までが一気に方向転換してしまう。

 

つまり、病を起点に大変革を起こすわけです。

 

これって「悪いように変わる」という事ではないですからね。

 

であれば、日本で古くから使われている「病を得る」でいいのでは?という話をしていたんです。

 

 

侵されてしまったら、あの時の不摂生のせいだし、明日からの生活も大変だし、要するに過去も今も未来も悲観フィルターが発動してしまいます。

 

しかし得てしまえば、あの時の不摂生は楽しかったし、今後も逆手に取ってどの様に楽しめるか創意工夫する。こちらは過去も今も未来も幸せフィルターとして展望を見出せる。

 

そもそも皆、産まれた経験はあるにせよ、死んだ経験なんて現肉体ではないわけですから、そこまで根強く、そして決めつけるように「生は善で死は悪」と固めることもないと思います。

 

どちらも平等にあるもの。

 

私の場合、生まれた時には「こりゃ大変だ」ですし、死ぬときは「貴方らしくあの世でも楽しくお元気で!」です。

 

国が違えば死んだらパティーですから。

 

 

産まれるのは大変。

 

殆どのトラウマは出産時から繋がっていますから、つまりは生まれる時にはひどい目に合っているわけです。

 

親からの暴力が子に引き継ぎ、そして連鎖するなんていいますが「いつから?」というのが、暗黙の了解で「幼少期」とされていることに違和感を覚えてしまいます。

 

産まれる前から、脳は記憶装置として活発に働いていますからね。

 

トラウマ研究では、出産時や母胎内にいる時の記憶を掘り起こし、それの絵を書いて貰う。驚くことに、その多くのかたが地獄絵のようなものを書くとされています。

 

生まれるのは苦しかろうに・・・・南無阿弥陀仏。。。

 

私なんて、大人になっても誕生日に救急車で運ばれるくらいですからね。誕生日=苦痛記念日です。

 

あ、そうか、回りまわってこういうときこそ「誕生日おめでとう」でいいか!!

 

 

ホント生きるのは大変。

 

 

無数の命を喰らって肉体を維持しなければならないし。

 

もはや妖怪そのもの。それが人間。