· 

イヤフォンは姿勢を崩す

Wifiは既に市民権を獲得していますし、通信速度も有線と比べていいところまで来ていますね。

 

しかし、これも実際には当然空間を飛ばすよりも、線で繋いだ方がやはり速い。

 

ま、ゲーマーみたいな使用用途でなければ、なにも支障はないとは思いますが。

 

 

一方で、耳で聞くイヤフォンにもワイヤレス化の波が到来しています。

 

写真に載せたAppleのAirpodsの発売により、一層とその波は加速化してきています。

 

確かに電車に乗っていると、本当に多いですね、耳から太めのうどんを垂らしている人。

 

他にも、首掛けのように、ワイヤレス化されたものもあります。

 

ま、好みは色々ありますけどね、結局ワイヤレスをBluetooth通信によって実現化されているわけですが、音の質はかなり落ちるのは必須です。

 

電話やゲーム、動画なんていうレベルには良いかもしれませんが、音楽に関してはちょっとボリュームを大きくするとダメですね。

 

当たり前なんですけども。

 

 

人間は基本的に目に意識が集中すると、前重心になる習性があります。

 

耳の場合は後ろ重心。

 

ってことは、何かを観察するときは、一方向からの見方では偏ってしまうため、あまり一生懸命に見ないこと。

 

正確には、耳にも意識を持ってゆく余裕を残して観察をするということ。

 

そして更に、他の分野と境界線を設けた頭で見聞きしない事。

 

出来ない人、分からない人っていうのは、どうしても偏る方向に行きたがりますから。そしていつか戻ってくるかと思いきや、偏った先で行ったっきり。

 

後ろで「おーい」と呼んでも、急かされているのと勘違いして、更に前傾姿勢になる。

 

ダメだこりゃ。

 

 

これもまた、私が小学1~2年生の時の担任の先生の口癖を思い出します。

 

「姿勢を正せ」と。

 

前にも書きましたよね?この担任の先生は習字が得意な先生で、一文字で値段が付くという人。

 

でも全く文字に関しては教えて下さった記憶がない。

 

ただ「姿勢を正せ」と。

 

この歳になってから分かる、この言葉の意味の深さ。

 

見ようと思えば近づき過ぎて見えなくなり、聞こうと思えば得意な方の耳を傾ける。

 

まずは姿勢を正せ。

 

まさに先生の教え。

 

文字が上手に書けているかどうかという前に、姿勢の上に成り立つという原理原則が一番重要だという教え。

 

後は何を学んでも上に乗っかる。

 

あ、そういえばこの間「横山大観氏」の言葉にもありましたよね?

 

「技術こそまず人格が出来てからその上に成り立つ」という言葉。

 

確かに一にも二にも技術という優先順位の人は、偏って姿勢が崩れていますものね。

 

言っていいのかな?それってつまりは下手ということを・・・・・・。