· 

3日目

 

さぁ豚妖怪の世界から出て来て早くも3日目。

 

もう殆どお腹が減る感覚はない。

 

目指せダイオウグソクムシとクリオネ。

 

ダイオウグソクムシは何も食べずに約6年も生きていたという驚きの生態系。

 

 

クリオネは1年程食べないこともあるそうです。

 

 

ちなみにクリオネはこんなカワイらしい頭の天辺が口でして、これが「バッカルコーン」という名前。

 

つまり、滅多にバッカルコーンをしない。

 

 

さて、話を私の方に戻します。

 

3日目、ここからが一番面白い。

 

自分でもよく説明がつかない「覚醒状態」に突入するんですよね。

 

というとオーバーかも知れないけど、きっと元々持っている能力が、より解放されるだけなのかな?

 

体は自然であって、自然は必ず矛盾を生じることなく仕事をする。

 

今の体はそういう状態。

 

 

さて、今日は一度目を通しただけで、読み返していない本を見つけた。

 

結構昔に書かれた本。

 

この本は霊がなしている術として研究をされていたようです。ま、色々と興味深い研究をしていて、真剣に霊力を利用して各種身体の症状を治していたり。約300項の大作。

 

私はごく普通の凡人ですので、言っている内容を理解し、マスターするのは困難ですが、何か読んでいて「あの現象はこれと組み合わせてみたら面白いかも・・」とか、一つはそういうのって見つかるじゃないですか?

 

今読んだらまた違う所に気が付くかもしれません。

 

読み直してみよう。

 

 

 

あと、なんだこんな所にあったのか!と本の保管場所から発見したCD。

 

 

録音状態もなかなかよろしい。クラシックらしい強弱が利いていて、そしてどこか幻想的な演奏。

 

安くてとても良いCD。

 

メンデルスゾーン:交響曲第3番「スコットランド」,劇音楽「真夏の夜の夢」

ロンドン交響曲楽団

ペーター・マーク指揮

 

 

 

 

お好きな方は是非。