· 

ハッキリする/青山整体GEN流院-ブログ

甲子園

 

夏の風物詩の1つでもある甲子園球場での高校野球の試合が連日行われていますが、私の時代は、甲子園での金属バットは今よりも「カキ~ン!」と甲高い金属が響く音がしていました。

 

耳にも良くないという事で、今では消音性の高いバットに変わっています。

 

子供の頃の記憶の中でも、私の場合は「耳」「鼻」からの感覚情報が強いようで、金属バットの他にも、例えば車の排気ガスやガソリンの匂いなんかは、当時の光景と一緒に記憶されています。

 

今じゃハイブリット車を始め、低燃費の車ばかりですから、排気ガスもそれほど臭いがしないものになっていますよね。

 

話は戻って、甲子園を見ていたら、勝って喜び負けて泣いて、スポーツっていうものの典型を見る事ができます。

 

スポーツの結果は100か0かですから、勝ちにこだわるのは当たり前のこと。

 

しかし、負けて泣いている選手を見ると、その100は人生そのもので言えば、ほんのひとかけらの出来事。

 

人生は100か0かでは識別できません。

 

たまに若いって良いねぇ~なんていう人がいますが、歳をとっていようが若かろうが、チャレンジさへ続けていれば、どんな年齢であっても100の一部。

 

昔の記憶と重ね、あたかも若い頃が良いなと思っているにすぎず、生涯チャレンジができていれば、私は年齢の比較単位は無意味だと思うんですよね。

 

 

ハッキリする繋がりで、私のオフィスの近くにあるコンビニが、結構な割合で人の話を聞いてくれないんです。

 

私の伝え方が悪いのか?と思うくらい間違えが多い。

 

まず、私から話しかけたことはありませんからね?いずれも店員さんから。

 

「お箸とスプーンどちらになさいますか?」と聞かれて「箸で」と言う。

 

オフィスに帰って来て、さて食べようかと思ったら、スプーンが入っている。

 

あの会話は何だったんだ・・・・。

 

っで、次に行って、また「箸とスプーンどちらになさいますか?」と聞かれる。

 

「あ、箸で」と言ってオフィスに帰ってきたら、「両方入ってる!」。

 

次はその場で確認して見ようかな?と思うくらいです。

 

あと良くあるのが「温かいものと冷たいものの袋は分けますか?」というやつ。

 

これも結構あるんですよね。

 

「一緒で大丈夫です」と言っているのに、キッチリ2つになって渡される。

 

途中で指摘するのも面倒になってしまうので、あえて指摘はしませんが。

 

今日、遊びでハワイから帰られた方がいらしていましたが、最近のハワイは袋は有料になっているのだそうです。

 

袋無料のコンビニならではの間違えっていうことでしょうかね?

 

そして今日も同じコンビニで「温めますか?」と聞かれたので「いえ、そのままで大丈夫です。」と言ったのに、レンジに入れてピッと。

 

よっぽど伝えようかと思いましたが、もう入っちゃってるしなぁ。

 

いいやと思ったら、途中でこの店員さん、気が付いたようで、10秒くらいでレンジから出して袋に入れるんです。

 

いや~、温かくも冷たくもなく生ぬるい!

 

ハッキリと謝って下されば良いのに、この中途半端さって一番気持ちが悪い。

 

どっちかにしてよ。

 

 

そしてそして再び話は変わりますが、何だか某医科大学で裏口入学ともとれる、口利きがあったようですね?

 

しかも、文科省の人間が絡んでいたとなったら、これは根絶すべき問題です。

 

ですが、一方でお金で堂々と入れる制度があってもいいのではないか?とも思います。

 

10億で合格とか。

 

医師国家試験がクリアできなければ、その時点で医師にはなれないわけですし。

 

10億稼ぐのって大変ですよ?

 

むしろ、医学部合格するよりも難しいと思います。

 

お金で入れる枠を、正々堂々と表向きに作ればいいんですよ。

 

闇のお金よりも、しっかりと納税されるお金なわけじゃないですか?

 

これの何がダメなんですか?

 

私には何が悪いのか、全く分からないのですが。

 

もしも経済的な格差を持ち出してダメだというのなら、これの話の延長線にあるのは、世界の経済格差にまで波及すると思いませんか?

 

特に日本なんて、経済格差を容認しているわけです。

 

ならば一貫して私立どころか国公立の医学部でもハッキリと「お金で入学できます」という姿勢を示して欲しいものですね。

 

それがダメなら、そこも一貫して高額所得者の方が、税金徴収割合を大きくしないと。

 

さてどっち?

 

 

 

この間の天の川のモノクロです。

 

これはカラーの方が良いのかも。浅間山の噴煙に見えないでもない。