· 

そうだったんですか/表参道整体GEN流院-ブログ

 

よく分からないで体調が優れない時には、自分が信頼できてコミニュケーションが取れる医師に一度は相談したくなるものです。

何かコレというわけでは無いけども、とにかく疲れる。

 

この間に指摘された尿検査の再検査と相談も兼ねて、行き着けの内科に行こうかなと思い立ちました。

 

下腹部の痛みも、滅多に飲まない抗生物質をせっかく飲んだのに、殆ど変わりはないかな?

何しろもう泌尿器科には行きたくないもので。

 

今日は土曜だし、やっているんだっけ?と思いHPを覗いてみたら、何だかずっと休診されている様子。

はて?

っで、ネットで更に調べようとすると、検索候補にこの医師の名前の後に、「事故」とか「死亡」なんてワードが出てくる。

検索エンジンの表示とはいえ、これは可哀相なんじゃないの?と思って詳しく検索してみたら、どうやら本当に事故死されていたらしい。

当時の事故のニュース記事が出てくるし、名前も同名。ぐちゃぐちゃになった車も確かに色も車種も、いつも病院の前に停まっていたのと同じ。

なんだそうだったのか。

結構相談に乗って下さる先生だったんだけどな。

人の目を追いかけながら話しをして、充血がないかとか確認していたり、何より最後に患者さんの膝頭をポンと手でタッチして「大丈夫!治りますよ!」と仰る表情が印象的な50歳代のドクター。

 

残念です。

 

ま、自分達とていつまで生きているかなんて知るわけもなく、ただ確実にその時はやって来るという事ですが。

 


しかし何だか疲れたなぁ~。〆切があるものばかりだし。

 

生きるのは大変だ。