· 

避けるというよりも行く/青山整体GEN流院-ブログ

 

今日は北海道の実家の母親から連絡があって、スーパーの棚に商品が無くて驚いたと。

 

当たり前の事じゃないの?

 

ガソリンも10Lしか入れてくれません。と。

 

いや、それも当たり前じゃないの??

 

私は再来週に行きますので、その頃までには多少は落ち着いているかな?

 

「こんな時に行くんですか?」と聞かれて、いや、そもそも3~4ヶ月前から日程は決まっていたし、自分のお世話になっている方や、なった方々が沢山いる場所を避けるなんて、したいとも思いませんけどね。

 

むしろ行く。

 

仮に軽井沢にある浅間山が噴火しても、きっと私は行きますけどね。

 

仕事というのとは違って、人として繋がっている。

 

だから、もしも大変だったら何か手伝うのは極当たり前のこと。

 

 

圧倒的に不利な戦だとわかっていても、分けては考えられませんね。

 

不利なら余計に参戦しないと。

 

 

自分が生きていることも、自分の存在すらも、身近な人が鏡のように自分を映し出してくれるから分かる事。

 

これが全部いなくなったとしたら、命はあっても死しているも同然じゃないですかね。

 

後悔と共に生き永らえるのは苦痛の極みです。

 

 

用意があまりできないので、今回は急遽予定を変更して、私があちらで「施術をする」という事と「震災ストレスを自分で快適に切り替える方法」のセミナーの両方を全部無料でやってしまおうかと思います。

 

ま、時間がないからこそいいじゃないですか。

 

こんなに自分を試せる機会はそうそうない。

 

 

さて、何をするのか全く考えていない。日時だけ決めていつも通り準備時間は30分で。

 

それが一番いい。