· 

自分の自分

 

自分の人生を芸術として考えたならば、人生の経験そのものは芸術素材になることは間違いありません。

 

しかしそのまま描いておしまいでは、むしろ動画保存に勝ることはできません。

 

一番肝心なところは、その人生経験から、自分がどの様な変革を成し遂げ、そしてどの様な哲学に至ったのか。

 

せっかくそれだけの一大事に出くわしたのですから「大変だった」「辛かった」「死ぬかと思った」の感想文で終わっては勿体ないと思うんですけどね。

 

そこで死ななかった事を利用するようなくらいでないと。

 

私も人の事言えないくらい、考えは浅い人間ですが、人生の一大事なら自ずと考えは深くなるものでしょ?

 

私は昔、とっても優柔不断で、物事の決断はいつも曖昧、その場しのぎで生きているような人間でした。

 

そんな時に出逢った一人の30歳以上も年上の方。

 

その方から、自分が自分に向き合わない姿勢を厳しく指摘されました。

 

全ては自分の中の問題。

 

仕事ができないのも、やりたい事ができないのも、お金が無い事も、人生そのものも「全て自分の物事に向き合う姿勢の中途半端さだ」と。

 

それが義務教育を過ぎたころには不思議と社会のせい、誰かのせい、親のせいにするのだと。

 

そこに引っ張られて、結局自分の出来なさ加減に言い訳を作る。

 

そんな馬鹿な大人になっていることに、こっぴどく修正をかけられました。

 

どうだからできないのではなくて、常にどうだったらできるのか。

 

そこしかないんですよね。