本当は骨格のズレではない(通常施術の範囲)

 「背骨や骨格のズレについて」のところで、「ズレ」とはどういう状態にあるのかご説明してきました。では、この「背骨や骨格にズレ」が生じる理由について

、ここでは一般的な例を用いてご説明をして行きたいと思います。

 

  • 骨が問題ではない

 骨格は筋肉によって動きをもたらされるためか、背骨をはじめ、骨格のズレは筋肉のせいであるという意見がいまだに多く見受けられます。筋肉は、「背骨と骨格のズレについて」のページでも書きましたが、そもそも神経の命令によって収縮できる仕組みです。ですから、まずは神経機能に着目をしなくてはなりません。

 下の画像は、当院で使用されているインサイト・ディスカバリー(米宇宙財団/NASA認証)による、筋電計のデーターです。筋肉は神経を通じて収縮を行います。それは安静時であっても、一定の張度を保つために、絶えず筋肉から活動電位が発生しています。これを読み取ることで、通常よりも緊張している状態がどこにあるのか、または正常な状態の範囲にあるのかを知ることができます。いわゆる「凝り」がある場合には、活動電位が上昇する傾向にあります。

筋電計(EMG)

ダイナミックEMG(動的計測)

 これだけを見ると「やはり筋肉が問題なのでは?」となってしまいそうですが、重要なことは「なぜ異常な活動電位がこの筋肉に流れているのか」です。これについても「姿勢の癖」とか「左右のバランス」とか様々な見解がありますが、それだけでは説明の深さとしては曖昧さが残ってしまいます。

 骨格にある筋肉の活動は脊髄から出た神経を必ず経由しています。家電製品で例えると、脊髄がコンセントであって、そこに差し込んだコードのつながりで筋肉(上図➋➌)が動かされており、コンセントからコードへと電気が伝達されることで筋肉が活動(収縮)されているのです。しかしこの線は、一つだけのものではなく、根本のところで他のコードとも繋がりをもっています。それが「皮膚➍」と「内臓➊」です。皮膚は、神経のコントロールによって、表面の温度を維持管理するために、毛穴や毛細血管を開き閉じさせています。また、内臓は「交感神経」という自律神経がコードで繋がっていて、これらは全て運命共同体にあるわけです。

 つまり、筋肉の異常な活動電位は、皮膚や内臓にも同様に異常な活動が起こっていることを示唆しており、アメリカのジョンズ・ホプキンス大学においても、皮膚表面温度と内臓疾患の関連性について論文が発表されています。

  • 内臓から始まる歪み

 これらのことから、内臓の機能状態が筋肉の異常緊張を発しているというケースと、筋肉から内臓に異常伝播させる2つのケースが考えられます。そこで、実際に筋肉だけを緩和させる手法で筋電計に変化が現れるかどうかを試してみました。すると、異常な数値は改善されます。しかし、2時間以上経過してから再び筋電計で計測を行うと、殆どが元の異常緊張を表す波形に戻ってしまいます(当院の筋肉ほぐしのコース)。そこで、今度は内臓の可動性を回復させるような施術を行ってみます。同じように、術後に筋電計で計測をしてみると、異常な波形は消失します。更に2時間以上の経過後に再び計測を行うと、今度は波形の戻りはなく、維持されたままです。このことからも、筋肉の異常緊張や、それに付随する背骨や骨格のズレは、内臓由来であるという仮説が成り立ちます(当院の通常施術のコース)。確かに、発生学的に考えても、捕食の為に筋骨格を兼ね備え、更に内臓を保護するために発達したと考えれば「内臓が骨格に影響を与えている」という方が自然だと思います。また、後にもご紹介しますが、内臓の可動性を回復させると、自動的に頭蓋の歪みも改善されてゆくという不思議な現象が見られます。これは、脳から内臓へ直接張り巡らされている「迷走神経」が、何かしらの影響を与えていると推測されます。この迷走神経と脳の関係性は「腸内細菌(腸内フローラ)が脳の活動に与える影響」によって証明されています。

 上の画像の様に、内臓の交感神経は背骨との関係性を持っていて、例えば、胃の場合だと、胸椎の4~6番あたりから出た神経が走行しています。つまり、この胸椎部の皮膚温度の異常、背骨の関節の動きの異常(他動運動領域の)、筋肉の異常な活動電位がみられた場合、胃の働きにも異常が出ている可能性があります。よって、胃の物理的可動性をチェックして、胃への必要な施術を行うと、胸椎の4~6番あたりの皮膚温度の異常、関節の動きの異常(他動運動領域の)、筋肉の異常な活動電位が消失します。他にも、肩の高さの左右差や、足の長さの差なども同時に整うことが殆どです。

 このように、背骨や骨格の歪みの殆どは、内臓の可動性減少、並びに、内臓疲労に伴う神経機能異常が原因で起こっているということになります。よく言われる「背中の痛みは重度の病気と関係している」という理由は、内臓の異常が背中の筋肉の異常活動電位に反映されたことによって起こる症状であるからです。

 

  • 腸内細菌の活動で証明された内臓と脳の関係性

 さて、ここからがいよいよ本番。近年では腸内細菌が脳の働きと関係があるという事が常識となってきました。マウス実験で、腸内に住む細菌の数が多い方が、脳の働きが活性化し、性格はもとより、うつ病やアルツハイマーが予防できるという内容です。仕組みとしては、腸内細菌が腸管膜にあるセロトニン(俗にいう幸せホルモン)分泌を促し、脳へ働きかけるという仕組みです。現在は細菌活動と脳との関係性に限局した研究ですが、他にも内臓同士がメッセージ物質を出すことで、まるで伝言ゲームのように会話をして、協調的に働くことが近年解明されてきています。我々の経験的な側面から言えば、他の臓器も脳との関連性が強固にあると感じています。それは、先にご説明した、内臓の交感神経を介して背骨及び筋肉、皮膚の状況が変化するという部分とは違った、もう一つの経路があるからです。実は、ここまで触れてきませんでしたが、内臓には「交感神経」の他に「副交感神経」というもう一つのコントロール機能を持っています。上の画像にある自律神経の図で、緑色で描かれている網が副交感神経です(黄色が交感神経で背骨に沿ったところから内臓へ)。つまり、これまでご説明してきた背骨や筋肉、皮膚と繋がりがある交感神経とは違う経路の神経があるということです。この副交感神経はリラックスした時に働きやすい神経で、内臓の動きを主に活発にさせます。そしてこの副交感神経の走行ルートは、背骨を介さずに、脳から直接内臓へ届く、迷走神経というルートを持っています。

 下の画像は、脳を下から観察したところです。10にある迷走神経はここから枝分かれして、頸静脈孔という頭蓋骨の穴を通過して内臓まで伸びている、とても長い神経です。


 施術により、個別の内臓の動きがスムーズになるように誘導すると(内臓の施術についてはこちらで説明しています)、この頭蓋骨の迷走神経の出口付近の筋肉が全体的に柔らかくなり、そのすぐ下にある頚椎1番の可動域も格段に広がります。何故そのような現象が起こるのかは仮説の域を脱しませんが、内臓固有の神経機能が改善され、これが迷走神経に良い刺激となって、脳またはその神経の周囲環境が活発になると思われます。腸と脳との関係性を見れば、他の臓器も脳と何かしらの関連性があって然るべきかと考えます。

 ここまで「背骨や骨格のズレについて」と「本当は骨格のズレではない」のページで大まかな体の歪みの原理をご説明してきましたが、実はここから先の部分が重要な部分です。それについては「もはや肉体のズレではない」のところでご紹介いたします。これを知れば、未来の新しい整体、および各分野での発展型が想像できるかと思います。