背骨や骨格のズレついて

 「骨盤がズレているから腰痛になる」「ストレートネックだから肩こりや頭痛になる」という見出しをよく目にすることがありますが、これらはさて本当の事なのでしょうか?骨盤だけをとっても、ネットで調べてみると、複数の症状の根本的な原因にされているのが多いようです。あるところでは「肥満体質を骨盤で改善する」とか、またあるところでは「放置しておけば椎間板ヘルニアやぎっくり腰になる」などと記されています。

 では逆に正常な骨盤」とはどの様な状態のことを言うのか、まずそこから先に定義をしなくては、同じく「異常」の定義も分からないというのが世の常ではありませんか?この様に、単に「ズレている」という、極めてあいまいな表現に踊らされてしまうと、物事の本質を見失う恐れがあります。

 

  • 見た目のズレ

 ご自身で骨盤がズレているとおっしゃるかたに「では、骨盤がズレていると仰るのはどの様な状態を指しているのか?」と、逆に私の方から問うてみます。主な答えは次の通りです。「右と左の高さが違う」「腰のくびれが左右で違う」「寝た時の左右の高さが違う」等。では、その次に「この状態は異常だと思いますか?」と聞いてみると「腰が痛いからまっすぐにしたい」とか「見た目が違うから異常だ」と答えられます。どれも正解ではありますが、どれも間違えでもあります。何故かといえば「もとから左右が違うのが正常な状態の人もいるから」です。実際に人の体を解剖し、骨を露出してみると、まず左右対称の形(見た目)の人はおりません。そして関節も同じく大きさから角度まで左右でそれぞれ違います。つまり、本来は生まれ持った体そのものが左右で違う動きをし、左右で見た目も違う人が大体数なのです。ですから、現時点で例えば、腰痛があるからという理由において「骨盤が見た目で左右が違うからそのせいだ」と、原因をそれらに抱き合わせるのは、自己納得という部分では良いことかも知れませんが、その「見た目」が原因ではないことは多々あります。よって、骨盤の見た目のズレが、必ずしも腰痛や太り体質と関連しているとは限らないということです。

 

  • 動きのズレ

 では、見た目のズレが「ズレ」ではないとしたならば、本当の「ズレ」とは何か?そして、どの様にして検査をすればわかるのでしょう?レントゲンを撮っても結局は見た目重視になってしまいますし、本来の生まれながらの見た目のズレがどの程度だったのかも不明です。そこで役立つのが「動き方を観察する」という方法です。最初にも記しましたが、ズレという定義の本質は、正常な状態からどれだけ逸脱しているかということです。では、正常というのはどういうものかというと、見た目ではない部分の「機能」が正常であるかどうかというところ。つまり、骨盤全体の機能を評価する必要があるわけです。骨盤には関節部分で可動する「関節の動き」があります。下図に示したように、骨盤という構造体は、仙骨と腸骨という骨が一塊にして「骨盤」と呼ばれています(厳密には股関節も重要)。この仙骨と腸骨で構成された関節を、名前の頭文字を取って「仙腸関節」と呼びますが、関節に機能異常が無い場合(ズレがない場合)、この関節は左右であらゆる方向に綺麗な動きがみられます。またそれとは逆に、機能に機能に異常がある場合には(ズレがある場合)、関節本来の動きが消失して、いわゆる硬くなってしまう習性があります。つまり、ズレているとされるものは、見た目ではなく、関節の動きの消失=機能の異常として見つけ出すことができるのです。

  • 全体性のズレ

 見た目のズレは本当にズレかもしれないし、そうではないかも知れない。そして、それを知るためには骨盤の関節の機能を調べます。上記の2項目を要約すると、そういうことになりますが、では機能異常が見つかったとした場合にそれを正せば良いのでしょうか?ということについて考える項目です。

 体は構造体としてとらえた場合、